Private: 退職生活基本事項

退職生活オプション


退職生活の計画立て遅延による問題

もし退職生活の計画立てが特別な問題もなく2、3年先延ばしにしておくことのできるものとお考えであれば、もう一度考え直す必要があります。今から行う年金への寄与はあなたが行えるであろう最も価値のあるものと成り得るのです。それは単にそうした寄与が長期間なされ得るからということでもあります。

1、2年の間退職生活の計画立てを延期するのは容易なことかもしれません。問題なのは2年がすぐさまそれ以降へと延期の幅が大きくなリ得て、さらに預金を始めようとする時までには必要とする退職生活での収入のための費用が多大な上昇を遂げてしまうことがあり得ることです。

年金について

年金は経済的に退職生活を保障していくことに備えるための最も一般的な方法の1つです。無視しがたい税務上の一連の利点があることは驚くに値するものではなく、当然のものと取れます。